清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< クレームグラフの作成プログラム | main | 図面の挿入(ワードマクロ) >>
出願書類の結合をするワードマクロ
0
    出願書類(願書、明細書、特許請求の範囲、要約書、図面)を別々のワードファイルで作成した場合、これらファイルを結合するワードマクロを書いた。願書または明細書を選択すると、あとは自動的に全てのファイルを結合する。ただし、書類名は以下のようになっている必要がある。

    以下、ReadMeのコピー
    共通名_願.doc (願書)
    共通名_明.doc (明細書)
    共通名_請.doc (特許請求の範囲)
    共通名_要.doc (要約書)
    共通名_図.doc (図面)

    共通名は何でも構いません。拡張子は .docmでも大丈夫です。同じ名前で.docと.docm
    の両方があった場合には.docを優先します。
    書類に設定されていたスタイルは全て削除され、「標準」に統一されます。

    使用条件
    本プログラムはフリーです。ただし、リバースエンジニアリングは禁止します。

    動作システム
    Microsoft Word 2000以上

    圧縮ファイルの内容
    ReadMe CAD0102.txt(このファイル)
    CAD0102.dot

    使い方
    ファイルを解凍します。
    できたファイルのうち、CAD0102.dotをご自分のホームフォルダのワードのStartupフォルダに移動します。

    Startupフォルダは、以下にあります。なお、このフォルダを表示するためには「隠しファイルを表示する」をチェックしておく必要があります。

     Windows 8.1の場合→C:ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Word¥STARTUP
      (システムがインストールされているのがCドライブの場合)

    ワードを開き、メニューの「アドイン」を開くと、「出願書類結合」のメニューができています。
    このメニューを選択してください。
    ファイルを読み込むダイアログが開くので、願書のファイルまたは明細書のファイルを選択してください。
    願書のファイルが選択されると、願書、明細書、特許請求の範囲、要約書、図面が結合された新たな文書が作成されます。
    明細書のファイルが選択されると、明細書、特許請求の範囲、要約書、図面が結合された新たな文書が作成されます。(PCT出願用)

    免責事項
    本プログラムは現状で提供するものです。このプログラムは自己責任でご使用ください。このプログラムを使用したことにより生じた損害については私は責任は負いません。
    バグがあった場合、その内容についてご連絡いただければできるだけ対応します。しかし、完全な解決を約束するわけではありません。

    ダウンロードはこちら
    | 清水敏 | 知財実務 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1361
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE