清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 2017/03/09 | main | 2017/03/10 >>
Word VBA ではまったこと
0
    特許請求の範囲で「前記」「当該」などの前置語があるか否かを特許請求の範囲のテキスト上に表示するVBAマクロを作り、利用している。動きは以下のとおり。

    最初に対象となるテキストを選択するダイアログを表示する。
    ファイルが選択されたらそのテキストを読み、従属関係を解析して多数項従属を展開したツリーを作る。
    ツリーの各ノードを展開したウィンドウを表示する。
    ツリーの各ノードに対応するテキスト(「請求項1」などというテキストを表示している)をクリックすると、従属関係にしたがって独立クレームからそのクレームまでの経路のテキストを全て画面に表示する。
    このとき、「前記」「当該」は赤字で表示、「当該」「前記」ののちに続く文字列は青でかつ枠で囲み、先行語は緑で表示する。

    したがって、先行語の有無を調べるためには、各請求項をクリックして目で見て確認することになる。

    これを便利に使っていたのだが、特定の案件の特許請求の範囲についてこの処理をすると、なぜか最初にツリーが表示されるときに、同時にあたかも自動的にある請求項がクリックされたように、その請求項のテキストが表示されてしまうことになっていた。他の案件ではこうした問題は生じない。請求項の文言を見ても特に他と異なるところはない。どうしても理由がわからないので、試みにツリーを表示するためのウィンドウを、それまではツリーが全て完成してから表示していたのを、最初にウィンドウを表示してからツリーを作成するようにしたところ、こうした問題は治まった。理由は未だにわからない。

    また、以前からこのプログラムでは、最初にツリーのノードをクリックすると、そのときだけ請求項のテキストを表示するウィンドウ(ワードの文書)が、ウィンドウ(ダイアログ)の後ろに開かれてしまい、中身を見ることができないという問題があった。どうせ2回目をクリックすればちゃんと表示されるし、自分が使用するだけなのでこれまではほっておいたのだが、今日、ちょっと思いついて、ツリーのウィンドウを表示するに先立って、空の文書のウィンドウを開いておくことにしてみた。すると、ツリーを最初にクリックしてもちゃんとそのテキストがツリーウィンドウの前に表示されるようになった。これも正確なわけはわからないが、モードレスのダイアログは、どうしても犠牲にするウィンドウを1つ必要とするような感じである。もっとも、以前の動きは必ずしもそうとはいえず、ときどきはちゃんと開いたりしているので、謎は謎のままである。だれか明確に説明してもらえると非常に助かるのだが。

    まあ、とりあえずこれでこのマクロについてはほぼ理想的な動きが得られるようになった。満足。

    | 清水敏 | パソコンなど | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1386
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE