清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 2017/03/31 とおちゃんとパパ(とお父様) | main | 通知 - 平成29年度「農」イノベーションひょうご研究開発プロジェクト支援事業(補助金)受付 >>
これがiPhone3GSの生きる道
0
    一昨年、母親の葬儀で娘に強く勧められたことを契機に、それまで7年間使っていたiPhoneの契約をやめ、MVNOとかいうものに乗り換え、安いAndoroidの端末を使うことにした。SIMの装着に大変な思いをしたやつだ。新しい機械は、ハードウェアという点では古いiPhoneとは比較にならないほど早いが、使い勝手という意味では比較にならないほどダメだということが判明し、今では電話とtumblrとカメラとテザリングくらいにしか使っていない。
    一方のiPhone3GSはいまだにワイシャツの胸ポケットに入っていて、テザリングで昔と同じように使っている。もっとも、iOS 6.0なので、最近の新しいアプリケーションは動かず、使用できるアプリケーションが限定されていること、電話としては使えないため、テザリングのお世話にならないといけないこと、という問題がある。しかし、今までお金を出して購入した辞書の類は皆iPhone3GSに入っているので、これを捨てることはできない。ということで、まあいまだに半分現役というところだ。
    ただし、このiPhone3GSは電池の消耗が比較的早い。そのため、仕事をしているときにはずっと机の上で充電中である。このiPhone3GSをなんとかもっと活用できないか、と以前から考えていた。

    なぜそんなことを考えたかというと、昨年のクリスマスに家内がiPadのスタンドをプレゼントしてくれたことが原因である。iPadのスタンドでなぜiPhoneを活用?と思う向きもあるかもしれない。理由は以下のとおり。iPadのスタンドがあると、夜、寝る時にこのスタンドにiPadを立てて(正確に言うと画像は縦に表示されるようにして画像の向きを固定し、iPad自体は横になるようにスタンドにおいて)おくと、布団に入っていながら、かつiPadを両手で支える必要なくiPadを利用できるということに気がついたからだ。こうすると、布団の中で両手でiPadを捧げ持って利用しているときに、半分寝た状態になるとiPadが顔面を直撃するというおそれを防止できる。
    こうした効果は別として、iPadとiPhone3GSとの関係である。上のようにしてiPadを見ていても、iPadを操作しようとすると、布団から手を出さなければならない。この冬のように寒いと、これが結構苦痛である。その時ひらめいたのが、iPhoneでiPadが操作できたら、つまりiPhoneをiPadのリモコンのように使うことができたら、つまりiPhoneを布団の中で操作できたら、布団から手を出す必要なく、iPadを利用できるのではないか、ということだ。
    ということで、結構一生懸命探したのだが、結局そんなものぐさ用のアプリは見つけられなかった。

    一方、話は変わって、職場では、机の上にiMacのRetina 5KとiMac late 2007とを並べて使っている。ものぐさ者ゆえ、以前はTeleportを使ってマウスとキーボードを1組だけ使って両方のマシンを操作していたのだが、OSをアップデートしたらTeleportが使えなくなってしまった。しょうがないので、Macの画面共有で、iMac late 2007の画面をRetina 5Kに表示させて、late 2007を操作する必要があるときには画面共有に切り替えることにしていた。

    ところで、先日の英会話のフェアウェルパーティーで、講師のアメリカ人と話をした。彼は新しいiPhoneを持っているのだが(12万もしたそうだ)、やはりiPhone3Gを持っていて、そちらの方が好きだ、という。ということで、私もiPhone3GSをなんとか活用せねば、と思っていたのだ。

    で、画面共有である。画面共有も便利だが、私は自分の機械からはリモートで全部で7台(うち4台はウィンドウズマシン)を操作するという生活をしている。そのため、画面共有でlate 2007を操作しようとすると、ウィンドウをかき分けていかなければならない。これが面倒だと思っていた時に、例のiPhone3GSが目に入った。もしもiPhone3GSをトラックパッドのように使用できれば、late 2007をiPhone3GSで直接操作できるのではないか。特にlate 2007の主な用途はメールとカレンダーをチェックするだけなので、ポインタ移動とクリックができれば十分である。ということで、一生懸命そうした機能をiPhone3GSで実現できるアプリを探したのでした。

    似たようなことを考える人は結構多いらしく、iPhoneでマックを制御するアプリは結構あった。が、惜しむらくは、だいたいそうしたアプリはiOS8.0以上(たまにiOS7.0以上)を要求する。私のiPhone3GSは6.0である。したがってインストールさえできない。なんとかならないのだろうか。

    と思っていたところ、なんとかなったのだった。それは、logitechのtouch mouseというアプリケーションで、なんとiOS3.0以上という敷居の低さ。操作されるマックにもソフトが必要で、そちらはOSX10.4以下となっている。今使っているマシンはどちらも10.10以上なので、10.4以下というのは逆に心配だったが、これも杞憂で問題なく動きました。ということで、右手でマックをいじりながら、新しいメールが入ると左手でiPhoneをいじって左側のマックを操作するという、実に心地よい環境が手に入りましたとさ。めでたし、めでたし。

    ただ、問題点として、すぐ接続が切断されてしまうという問題がある。しかしこれも、IPアドレスを一度入れておけば、切断しても再接続はすぐできるのでそれほど大きな問題ではない。

    残る課題は、iPhoneでiPadを操作する手段を入手することだけだ。
    | 清水敏 | 知財実務 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1409
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE