清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 静岡県「平成30年度産学官連携研究開発助成事業事業化推進助成事業」の2次募集 | main | 主要特許関係機関の情報 2018/06/21 >>
ファイルサーバ(リース切れ)がそろそろ…
0
    先週の日曜日、事務所に出てきたらファイルサーバが再起動の途中で止まっている。どうやら前日の深夜にWindows Updateがあり、自動的に再起動したのだが、起動ディスクにエラーがあって起動できなかったようだ。一度電源を落として起動したら無事起動したのだが、既にリース切れして2年程経過しているのでそろそろリプレースする必要があるという結論になった。このサーバは3代目だったと思うが今まで特に問題なく動いてきてくれた。
     バックアップは万全にとってあるが、万が一サーバが起動しなくなったら一時的にせよ業務に支障が生ずる。それを避けるためという意味合いもあり、ここはやはりリプレースが妥当だと自分に言い聞かせる。
     ベンダの営業を呼んで話をし、新しく導入する機器も決めた。その席上で、「起動時にエラーが出ているのにサポートからなんの連絡もないのはおかしいのでは?」という話が出た。私はこのベンダとは保守契約も結んでいて、何らかのエラーがサーバに発生すると以前は電話連絡があったものだが、そういえば今回は何も言って来ない。そこで調べてもらったのだが、なんともおそろしい誤りが発生していたことが判明したのだ。
     なんと、保守センターには私の機械についてのノートがあり、そこには「バックアップエラー以外は連絡の必要なし」という申し入れを私がしたことになっていた。そんなことは全く無いのだが。そこには連絡のときの私の発言に対する、保守センター要因の大きな誤解があった。

     前述したとおり、サーバのバックアップは万全にとってある。一次バックアップはテープで、曜日に応じて5本のテープを用意し、毎日テープを取り替えてサーバにセットする。前日のバックアップテープは後生大事にリュックにいれて自宅に持ち帰る。2次バックアップは別のマシンに毎日定期的にサーバの業務関係の全ファイルを手動でコピーする。3次バックアップとして、さらに別のマシンに、現在動いている案件のファイルのみ自動的にコピーする。こういう作業を毎日やっている。
     とはいうものの、日によってはテープの入換を忘れることがある。また休日をバックアップスケジュールから外しておかないと、機械はバックアップをとろうとする。適切なテープがセットされていないことを機械が検知するとバックアップを停止する。こうしてスケジュールしたバックアップが正常に行われないと保守センターに機械から自動的に通知が行く。そこで保守センターから私に電話が来るというわけだ。
     一方、私の方では毎朝出勤するとバックアップの状態を点検し、テープを交換する。そこで前日正常にバックアップが取られていないことがわかるとテープを入替えて直ちにバックアップを開始させる。
     通常、保守センターから電話がかかってくるのは私がこのように必要な処置をした後で、電話をもらっても特に当方としてはすることはない。そこで、前回このような状況になったときに、「バックアップエラーのときは当方に連絡する必要はない。」旨のお願いを相手にしたのだった。どうやらそれを相手が全く逆に解していたらしい。
     「これでは保守契約を結ぶ意味が全くないですねぇ」ということになって、直ちにこの誤りを訂正してもらうことにした。コミュニケーションは難しい。思いもかけないところで誤解によって当方が考えてもいない状態になっていたのだった。




    CAFC



    IN RE: WANG [OPINION]

    ROYAL CROWN COMPANY, INC. v. THE COCA-COLA COMPANY [OPINION]




    JPO(English)



    JPO Agreed with IMPI to Expand Cooperation in the Field of Industrial Property [Last updated June 20, 2018] ( External link )

    Initiatives for Development of Global Patent Systems Progress [Last updated June 20, 2018]( External link )

    Announcement for release of "Guide to Licensing Negotiations Involving Standard Essential Patents" [Last updated June 12, 2018]( External link )

    “Declaration of Design Management” Compiled [Last updated June 6, 2018]( External link )




    USITC



    Folding Gift Boxes from China

    Citric Acid and Certain Citrate Salts from 3 Countries




    USPTO



    USPTO Adds Additional Schools to Law School Clinic Certification Program

    10 Million Patents




    特許庁新着情報



    【ハーグ】願書等様式を更新しました(6月13日に英国の指定が可能になりました)

    商標審査着手状況(審査未着手案件)を更新しました

    平成30年度産業財産権制度問題調査研究「小中高等学校において知財創造教育を実施できる人材の養成に必要なテキストに関する調査研究」についての一般競争入札公告

    大阪府北部を震源とする地震により影響を受けた手続の取り扱いについて

    | 清水敏 | パソコンなど | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1458
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE