清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 奈良県平成30年度高付加価値獲得支援補助金の追加募集 | main | ファイルサーバのリプレース >>
マックのメールでThunderbirdにフォワードすると添付ファイルが消えた
0
    朝事務所に出ると、最初の仕事はバックアップの確認、そしてクライアントのサーバとの通信。さらに、電子メールのチェック。通常は電子メールがきても他の人が担当者に振り分けるので、私はチェックのみ。しかし今日は、その振り分けを担当している者が遅刻することになっていたので、私が代わりに振り分け処理をした。外国の代理人からメールが4件。正確に言うとそのうち振り分けが必要なメールは3件。そこで、その3件を担当者にForwardして1件落着。
     しかし、担当者からクレームが。「メールは来たが添付ファイルがない」という。そんな馬鹿な、と見に行ったが確かにフォワードしたメールはあるが、添付ファイルは見当たらない。そういえばこんなことが前にもあった。
     そこでもう一度フォワードした。ここで、私のメールは、送信した後で、私が自分でもう一度チェックしないと実際に送信されない仕掛けになっている。この自分でのチェックでフォワードしたメールを見ると、その時点で既に添付ファイルがなくなっている。まさに狐につままれた感じ。フォワードでなくリダイレクトしても同様。考え込んだが理由が分からない。
     しかし、最初にフォワードしたメールが私のところにCCで入っていたので内容を見ると、ちゃんと添付ファイルが存在している。これにはさらに「?」。
     よく考えると、添付ファイルが存在しているのにもかかわらず見えないのは、メーラ(Thunderbird)が悪いのでは?と考えてサーチしてみると、同じような経験をしている人が結構いた。しかし大部分は詳細に見ると私のトラブルとは条件が違う。1件だけ、同じようなことを書いている人がいた。その記事によれば、サンダーバードの表示形式をプレーンテキストではなくシンプルHTMLにすればよい、という。
     そこで早速確かめてみると、おお、ちゃんと添付ファイルが出てきた。それまではメール一覧に添付ファイルの印(クリップ)も表示されていなかったのに、今やちゃんと表示されている。
     ということで、こうしたトラブルに遭遇した場合には、Thunderbirdのメニューから表示>メッセージの表示形式と進み、「プレーンテキスト」ではなく「シンプルHTML」に変更すれば大丈夫(だと思う)。



    CAFC



    ELBRUS INTERNATIONAL LIMITED v. SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD. [OPINION]




    EPO



    European Patent Office inaugurates new premises in The Hague




    OHIM



    EUIPO’s Academy Tuesday webinars: July 2018

    Academy event calendar




    特許庁新着情報



    平成30年度産業財産権制度問題調査研究「産業競争力強化に資するデザインの適切な保護に関する調査研究」についての一般競争入札公告

    (受付を開始しました)【事務職員採用希望者向け】第3回特許庁庁内見学

    産業構造審議会 第11回知的財産分科会を開催しました




    知財判例サイト



    平成29(ネ)10029  特許権侵害差止等請求控訴事件
     特許権  民事訴訟 平成30年6月19日
     知的財産高等裁判所
     東京地方裁判所


    平成28(行ケ)10250  審決取消請求事件
     特許権  行政訴訟 平成30年6月19日
     知的財産高等裁判所


    平成30(ネ)10001  特許権侵害差止等請求控訴事件
     特許権  民事訴訟 平成30年6月19日
     知的財産高等裁判所
     東京地方裁判所


    | 清水敏 | パソコンなど | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1465
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE