清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< ファイルサーバのリプレース | main | 2018/07/04 >>
ファイルサーバのリプレース(2)
0
    ファイルサーバのリプレースをしてしばらく経過した。この間に発生した問題をあげて見る。

    1)ネットワークに新しいサーバが表示されない状態が暫く続いた。この問題には対応して解消した。というか、いろいろやっているうちにきちんと表示されるようになった。正確な原因も解決策もよく分からない。
    2)一時、IPアドレスを使用してもどのパソコンにもアクセスできなくなるという症状が発生した。これはDHCPサーバも新しい方に移動させようとして失敗したことが原因。これも解消した。
    3)複合機でスキャンした書類をPDFファイルにして別のサーバにFTPするようにしていたのだが、なぜかファイルサーバリプレースとともにこれが失敗するようになった。同じ種類の別のサーバに同じようにFTPしようとしても同じように失敗する。なので未だに原因は分からない。
     小さなpdfファイルならメールで任意のアドレスに送ることができるが、大きなファイルはメールの容量規制にひっかかって送れない。結構大きなファイルを作るのでこれは少しこまった。
     対応策として、複合機でsmbサービスを起動して、複合機のハードディスクにpdfファイルを保存し、それを外部からアクセスできるようにした。今までと少し手順が違うがまあ同じ機能が実現できたのでよしとする。
    4)新しいファイルサーバの名前を古いファイルサーバの名前と違う名前にしたところ、様々なところで不具合というか面倒臭いことが発生した。例えばワードのマクロで特定のファイルを呼び出すときに、これをいちいち新しいサーバを示すように書き換える必要が生じてしまう。これについては、新しいサーバの名前を古いサーバと同じにしてもらうことにすれば多分解消する。もっとも、既に一部のマクロを書き換えてしまったのでこれを元に戻す必要がある。次回のリプレース時には気をつけなければ。

    と、まあお約束どおり色々と問題が発生しているが、なんとか通常の業務には支障がないようだ。

    ところで、今回リプレースしたサーバはハードディスクではなくすべてSSDにした。おかげでリスポンスが明らかによくなっている。それ以上に驚いたのがバックアップの速さ。今までは130GB程度のデータをテープにバックアップするのに4時間程度かかっていた。それに対し、今回は20分で済む。これには驚いた。今回はバックアップ先もテープからハードディスクの媒体に変えたのでそれが影響しているかもしれないが、ベンダに聞いたところ、バックアップの時間はホストの性能に左右されるということなので、やはりSSDにしたのが効いているのだと思う。20分程度で終了するなら、朝きてバックアップに失敗していることがわかってもすぐに対応できる。これは助かる。




    EPO



    President’s blogMessage from the new President

    The report on the 156th meeting of the Administrative Council is now available online

    Multipay Tool – new release in July 2018

    President's blog
    Message from the new president





    OHIM



    Visual search extended in TMview




    特許庁新着情報



    早期審査・早期審理(特許出願)についてのQ&A

    スーパー早期審査についてのQ&A

    特許出願の早期審査・早期審理について

    ベンチャー企業向け情報(ベンチャー企業対応!面接活用早期審査・スーパー早期審査を掲載しました)

    特許審査に関する新たなベンチャー企業支援策を開始します

    中小ベンチャー企業、小規模企業を対象とした特許料等の軽減措置が規定された「産業競争力強化法等の一部を改正する法律」が成立しました

    【マドプロ】願書等様式を更新しました(6月26日にアフガニスタンの指定が可能になりました)

    平成30年度イベントカレンダー(7月16日 弁理士の日記念フェスタ2018、7月20日 知的財産フォーラム2018in静岡)

    平成30年度イベントカレンダー(平成30年度 営業秘密・知財戦略セミナー、平成30年度海外知的財産活用講座、平成30年度知財活用支援セミナー)

    平成30年7月に発効する特許協力条約に基づく規則(PCT規則)の改正の概要




    知財判例サイト



    平成29(ネ)10103等  損害賠償請求控訴事件
     著作権  民事訴訟 平成30年6月20日
     知的財産高等裁判所
     東京地方裁判所


    | 清水敏 | パソコンなど | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1467
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE