清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 他人の空似 | main | 各国特許関係機関の情報 2018/08/02, 7:10:06 >>
新大阪でトラブルに遭遇
0
    昨夜は息子そっくりの人間を新幹線中で発見して興奮したせいか、新幹線を降りるときにうっかりして品川のダロワイヨで買ったおみやげのマカロンを新幹線車内に置き忘れた。新幹線の改札口を出てトイレに入っているときに気が付き、すぐに改札口に戻って駅員に話をしたら、駅の西の端に遺失物の窓口があるという。そこで痛い腰をだましだましはるばる西の端まで行き、忘れ物を申告した。グリーン車だったので、車両番号も座席番号も分かる。その場で窓口の駅員がホームにいる駅員に電話で連絡すると、それらしきものがあるということで、10分後に戻ることにしてその場を離れた。

    おもしろかったのは、忘れものがあることを話す駅員の連絡だった。「なんとか245号(のぞみ245号だったのだが、「のぞみ」とは言わず、別の符牒を使っていた)、9号車、12番、デンマーク(座席番号Dのことらしい)、荷棚(私は「網棚」といったのだが、なるほど新幹線は網棚ではない)」というものだ。座席番号Dをデンマークというらしいが、座席番号A、B、Cは多分アメリカ、ブラジル、カナダ、ではないだろうか。Eだったらイングランドか。別の候補としてはアルメニア、ブルキナファソ、コンゴ、ドイツ、エストニア、などはいかがだろうか。アンゴラ、ブータン、チャイナ、ドミニカ、エリトリアあたりもいいかも知れない。

    ともあれ、10分後には無事忘れ物を手にいれてようやく家路についた。

    ところで、誤解がないように言っておくと、私は新幹線で出かけるときは、大体新大阪始発の自由席に乗車する。帰りも東京駅始発の自由席に乗る。昨日は腰が痛かったのでホームであまり歩く必要がないグリーン車にしたのだった。車内で仕事する必要もあり、グリーン車以外だと座席の間隔が狭く、隣に人が座ると仕事の性質上、パソコンを開いたり書類を広げたりすることははばかられる。という諸々の事情があっての選択だったのである。

    以下、2018年7月24日の知財関連の情報。



    CAFC



    DIRTT ENVIRONMENTAL SOLUTIONS v. ALLSTEEL INC. [OPINION]




    EPO



    EPO2day Roadshow for professional representatives
    The Hague, 10 October 2018
    Register now


    Referral to the Enlarged Board of Appeal: Appeal deemed not to be filed or inadmissible in case of delayed fee payment?

    Call for expression of interest from patent applicants to participate in the IP5 collaborative search and examination pilot project




    JPO(English)



    FAQs > Searching for Patents, Utility Models, Designs, Trademarks

    Schedule of fees

    FAQs > Patent

    JPO to Hold Kids Summer Event [Last updated July 20, 2018] ( External link )




    OHIM



    International Cooperation: Technical Workshop in Morocco




    WIPO



    IP Services yearly reviews




    日本弁護士連合会



    生活保護世帯が受給する平成30年7月豪雨災害における義援金の収入認定に関する会長声明




    特許庁



    類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2018版対応〕




    特許庁新着情報



    平成30年度弁理士試験論文式筆記試験(選択科目)問題及び論点

    審判実務者研究会2018キックオフミーティングが開催されました

    途上国研修「マドプロ加盟支援コース」を実施しました




    知財判例サイト



    平成29(行ケ)10234  審決取消請求事件
     意匠権  行政訴訟 平成30年7月19日
     知的財産高等裁判所


    平成29(行ケ)10174  審決取消請求事件
     特許権  行政訴訟 平成30年7月19日
     知的財産高等裁判所


    平成30(ネ)10018  特許権に基づく差止等請求控訴事件
     特許権  民事訴訟 平成30年7月19日
     知的財産高等裁判所
     東京地方裁判所


    平成30(ネ)10007  特許権侵害差止等請求控訴事件
     特許権  民事訴訟 平成30年7月3日
     知的財産高等裁判所
     大阪地方裁判所


    | 清水敏 | 知財実務 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1484
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE