清水敏の弁理士日記

知的財産関係のニュースと、実務的心覚えとをつづる。実務的情報については、できるだけ元情報の所在を記載する。
<< 各国特許関係機関の情報 2018/08/03, 7:10:01 | main | 各国特許関係機関の情報 2018/08/04, 7:10:02 >>
サイバネティクス全史
0
    昔、サイボーグ009という漫画があった。当時はよくわからなかったが、サイボーグ=サイバー+オーガンということで、機械+有機生物を意味するのだそうだ。

    サイバーといえばギブソンのニューロマンサーが有名だが、サイボーグ009の方が古そうだ、というか遥かに古い。もともとサイバネティクスという語は1948年にノーバート・ウィーナーがギリシャ語のκυβερνᾶν(steerman 操舵手)という語を元にして創った語だそうだ。ただしサイバネティクス全史という本では、cybernanというギリシャ語の動詞から作られた、と出ている(19ページ)。多分同じ語を英語表現したのだろうと思う。その語がその後でこれほど様々な場面で使われるようになるとはウィーナーも予想していなかっただろう。サイバー犯罪とかサイバー空間とか、サイバーテロとかサイバーパンクとか。
     ところで、もともとサイバネティクスとは、計算機と有機物からなる、フィードバックと相互通信を伴う制御系の総体、つまり計算機と有機物との双方からなる、ある動作をするシステムのことを意味しているそうだが、今ではもっぱら「この」現実の世界ではなく、コンピュータ通信の彼方にある「あの」世界のことを指すものとして使われているようだ。
     この本ではサイバネティクスという語の始まりから、サイバーという語がどのようにどんな場面でどんな人達に使われるようになったかが詳細にかかれていて面白い。特に米国では、単なるコンピュータ分野にかぎらず人文というか文化的な面も含めた広い分野にこの語が強い影響を及ぼしたことがよく分かる。それに引き比べて日本ではやはりこの語による影響は限られている。
     特に20世紀後半からの米国では、色々な分野の人がそれぞれ多くの想像力と技術力と実行力とを使って社会を変革させてきた。現在、日本では、AIだ、データだと騒いでいるけれど、400メートルトラックで言えば3週遅れになっているような気がする。
    2018/08/03の情報



    CAFC



    CLEVELAND ASSETS, LLC v. US [ORDER]

    SAP AMERICA, INC. v. INVESTPIC LLC [OPINION]

    SAP AMERICA, INC. v. INVESTPIC LLC [ORDER]

    GLG FARMS LLC v. BRANDT AGRICULTURAL PRODUCTS [OPINION]

    SAP AMERICA, INC. v. INVESTPIC LLC [ORDER 2]




    EPO



    EPO2day Roadshow for professional representatives
    Warsaw, 23 October 2018
    Register now





    特許庁



    「知財のミカタ〜巡回特許庁in浜松〜」申込受付中!(経済産業省のページへ)




    特許庁新着情報



    【知財のミカタ〜巡回特許庁〜】オープニングイベント会場を記載しました!

    【ハーグ】締約国一覧を更新しました(カナダを追加)

    【ハーグ】カナダが加盟します(2018年11月5日発効)

    第25回商標審査基準ワーキンググループを開催しました

    産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会 第25回商標審査基準ワーキンググループ議事要旨

    審判便覧の改訂案(第17版)に対する意見募集の実施について

    | 清水敏 | 知財実務 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://sspo.jugem.jp/trackback/1487
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + 研修のお知らせ
    (大阪中心)知財イベントカレンダーをご覧下さい。(別ウィンドウが開きます。)
    + 補助金カレンダ(別ウィンドウが開きます)
    補助金を網羅しているわけではありません。この情報については随時更新していますが、既に募集が終わっている場合も考えられます。自治体では予算を使い切ったら終了、というところもあります。この情報によって何らかの損害が生じても弊所は責任を負いかねます。必ず各自で情報の確認をお願いします。 愛知県 大阪府 兵庫県 京都府 香川県 静岡県 和歌山県 奈良県
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    サイコパス (文春新書)
    サイコパス (文春新書) (JUGEMレビュー »)
    中野 信子
    この本を読みながら、最近のニュースに出てきたあの人、この人を思い出した。ところで、サイコパスとは関係ないのだが、この本によれば日本は全世界の面積の0.25%しか占めていないのに、災害被害総額では15〜20%を占めているそうだ。最近の噴火、地震、豪雨の連続を見ていると納得してしまうが、一応この数字はどこかでチェックしておく必要がある。
    そこで調べて見た。一般財団法人国土技術研究センターによると、世界における日本の国土の占める割合は0.28%だそうだ。Wikipediaでは0.25%と記載されている。ここは国土技術研究センターを信用したい。一方、内閣府によると、日本の災害被害額が世界の災害被害額に占める割合は16%だそうだ。この数字はちょっと古いが、それでも大筋で15〜20%という値は正しそうだ。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 本の紹介
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE